イベント情報

スポンサーリンクああ

9月
29
有馬記念館企画展「久留米藩の幕末維新」 @ 有馬記念館
9月 29 2018 @ 10:00 AM – 3月 7 2019 @ 5:00 PM

有馬記念館では、「久留米藩の幕末維新」と題して、めまぐるしく情勢が変化した激動の時代を、当時の人々が記した書状、実際に身につけた武器、絵画や写真などの展示品を通して紹介する企画展を開催します。

今年は明治維新から150年になります。節目のこの年に、久留米藩の幕末志士や、戊辰戦争に参加した藩兵にまつわる歴史資料を通して、激動の時代を見つめ直します。

*交通アクセス:●JR/西鉄「久留米駅」より西鉄バス(8)系統利用「大学病院」下車、徒歩約5分
●JR久留米駅より徒歩約15分
●九州自動車道「久留米IC」より車で約20分

*料金:一般200円、高校生以下無料
団体(15名以上)50円引き
※身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳又は療育手帳の交付を受けている方とその介護者1名は無料。受付にて手帳をご提示ください。

*定休日:毎週火曜日(祝祭日と重なる場合はその翌日)、年末年始(12月28日~1月1日)

11月
1
ちっご煮込みうどんスタンプラリー @ 筑後うどん振興会加盟店
11月 1 2018 – 2月 28 2019 全日

筑後地域の特産食材を使った、各店自慢の「煮込みうどん」メニューを食べ歩き!

11月1日~2月28日まで、参加店舗12店をめぐってスタンプを集める「ちっご煮込みうどんスタンプラリー」が開催されます。
全店舗制覇すると、なんともれなく6,000円分の商品券(500円×12店舗)がもらえます!6店舗制覇でも、抽選で3,600円分の商品券(300円×12店舗)が当たります。

“ふんわり粘りごし”煮込みにぴったりの「ちっご煮込みうどん」を是非ともご賞味ください。

★参加店舗★
あずみうどん 中央町店
あずみうどん 柳川
あづみうどん
讃岐うどん いしい
桐乃家
しな川
麺通様御用達 たけ屋
つるてん
徳兵衛うどん
麺処たもん
一吉うどん
麺楽

参加店舗等の詳細は、関連リンクの公式HPをご確認ください。

11月
23
むかしのくらし展 学校のたからもの2 @ 六ツ門図書館展示コーナー
11月 23 2018 – 3月 24 2019 全日

今回は平成27年度に開催した「むかしのくらし展 学校のたからもの」パート2になります。

今も昔も、学校は、子ども時代に多くの時間を過ごす場所として、また地域の拠点として、人々のくらしとともにありました。
学校に残されたたからものを通して、学校と地域の歩みを展示します。

11月
24
愛のイルミネーション @ JR荒木駅前広場
11月 24 2018 – 1月 25 2019 全日

JR荒木駅前広場でのイルミネーションです。

◆ 点灯式 ◆

【日時】11月24日(土曜)
17:30~ 点灯式
サックス奏者の深町宏氏の演奏も♪

18:00~ 小学生以下のお子様にお菓子のプレゼントがあります。(先着100名)

12月
15
いちご狩り(水木土日のみ・要予約) @ いちごきらり
12月 15 2018 – 5月 20 2019 全日

2017年2月にオープンしたいちご農園。1月から5月中旬まで、いちご狩りが楽しめます。今年は、あまおう、かおりの、さちのか、さがほのか、紅ほっぺに加えて、恋みのりの6種類のいちご狩りが楽しめます♪
個数限定で白いちご(淡雪)も登場!(食べ放題ではありません)

40分食べ放題と、持ち帰りのみのプランもあります。ぜひお出かけください!

※完全予約制ですので、事前にお問合せください。

利用可能時間:10:00~16:00(最終受付15:00)

料金:40分食べ放題

12月15日~5月中旬

【12月】大人2,000円、小学生1,600円、幼児1,200円

【1月~4月7日】大人1,800円、小学生1,400円、幼児1,000円

【4月10日~5月5日】大人1,600円、小学生1,200円、幼児900円

【5月8日~5月中旬】大人1,300円、小学生1,000円、幼児800円

定休日:月曜定休

開催日は、水、木、土、日。(12月は土、日のみ)

1月
2
いちご狩り(火水日・要予約) @ 中村果樹園フルトリエ
1月 2 – 5月 6 全日

営業日 :火・木・日(完全予約制)

料  金:いちご狩り45分食べ放題
大人(中学生以上) 1500〜1800円
子供(4歳以上) 1200〜1400円

お持ち帰り:200〜250円 ※料金は時期によって変動します。

藤山町の「中村果樹園 フルトリエ」で、いちご狩り♪

完熟に実ったいちごをその場で収穫して食べ放題!
ニューオープンの併設のカフェでは、いちごやその他旬のフルーツを使ったパフェやタルト、新鮮な地元野菜を使ったランチもお楽しみいただけます。

2段ベンチの栽培方法なので、お子様でも大人でも無理ない高さにいちごがなっていますよ。ベビーカーや車いすのまま園内に入場でき、いちご狩りを体験できます。

1月
19
久留米市美術館のコレクションing @ 久留米市美術館
1月 19 – 3月 24 全日

料金:

一般500(400)、シニア・大学生300円(200円)、高校生以下無料

()内は15名以上の団体料金

シニアは65歳以上

休館日:

月曜日休館(211日は開館)

久留米市美術館は、九州洋画の体系的コレクション形成にむけて、作品収集を続けています。
また、石橋財団からの寄託作品全200点の一部を更新したばかりです。
作品収集が現在進行形である、という意味を込めた「コレクションing」展。
第2弾となる今回は、作品を収集した後に行われる、収集・寄託・保存・額装といった、美術館活動に注目します。

【イベント】
●ミニレクチャー「きょうも準備中」
日時:2月9日(土)14:00(13:30開場)~15:00
会場:本館1階多目的ルーム
講師:森 智志(久留米市美術館 学芸員)
定員:先着70名
聴講無料、展覧会チケットも不要です。お気軽にご参加ください。

●ワークショップ「ing展バッグをつくろう」(ギャラリートーク付き)
展示室で当館所蔵作家についてのお話を聞いたあと、作家の似顔絵バッグをシルクスクリーンの技法でつくります。
日時:2月23日(土)、3月16日(土)
①11:00〜 ②14:00〜(1時間程度)
定員:各回先着20名 当日、受付で整理券を配布
材料費:200円(ただし大学生以上の方は、展覧会チケットも必要)

●ギャラリートーク
日時:毎週土曜日(2月9日、2月23日、3月16日を除く)と日曜日
14:00~ 20分程度
集合場所:本館2階エントランス

1月
23
三夜さま(月読神社大祭) @ 月読神社
1月 23 – 1月 25 全日

毎年1月23日から25日までの3日間行われる「三夜さま」は、月読神社の祭礼です。
月読神社の御祭神は、月読尊であり、古来から目の神様として信仰され、先を読むということから、開運の神や厄除けの神として崇拝されてきました。
また、潮の干満が月の引力により引き起こされることから、安産、海上安全、五穀豊穣、大漁にもご利益があるとされています。
月読神社が目に霊験あらたかということから、地元の植木や苗木の芽もよく出るようにと願いが込められ、沿道にて販売されています。
大祭が開催されるこの時期は、植木苗木などの露店が立ち並び、大勢の参詣者で賑わいます。

【利用可能時間】9:00〜

【アクセス】JR久大本線「田主丸駅」下車 徒歩約7分
西鉄バス「田主丸中央」バス停下車 徒歩2分

三夜さま(月読神社大祭) @ 月読神社
1月 23 – 1月 25 全日

毎年1月23日から25日までの3日間行われる「三夜さま」は、月読神社の祭礼です。
月読神社の御祭神は、月読尊であり、古来から目の神様として信仰され、先を読むということから、開運の神や厄除けの神として崇拝されてきました。
また、潮の干満が月の引力により引き起こされることから、安産、海上安全、五穀豊穣、大漁にもご利益があるとされています。
月読神社が目に霊験あらたかということから、地元の植木や苗木の芽もよく出るようにと願いが込められ、沿道にて販売されています。
大祭が開催されるこの時期は、植木苗木などの露店が立ち並び、大勢の参詣者で賑わいます。

1月
26
石炭館名誉館長連続講座(9/29,11/24,1/26,3/23) @ 石炭産業科学館 オリエンテーション室
1月 26 @ 2:00 PM – 3:30 PM

石炭館名誉館長 松井紀久男(九州大学名誉教授)による連続講座を開催します。

今年度のテーマは「黒ダイヤ・石炭の開発と利用、そして未来」(全5回)。
石炭産業と炭鉱のまちの歴史や環境との関わり、そして現在の石炭の開発と利用について、技術的な事柄や社会情勢を含めた内容の講座を行います。
100年を越える三池炭鉱の歴史の中で培われた採炭技術と坑内保安技術が、いまもなお海外で活かされ続けていることは、かつて炭鉱のまちとして栄えた大牟田の誇りであると感じていただけたらと思います。

~平成30年度大牟田石炭産業科学館名誉館長講座の日程~

◎平成30年

7月28日(土):第1回 黒ダイヤ・石炭とは?

9月29日(土):第2回 筑豊炭鉱栄枯盛衰物語

11月24日(土):第3回 巨大プラント・海底炭鉱

◎平成31年

1月26日(土):第4回 採炭技術と坑内保安技術の発達

3月23日(土):第5回 石炭の未来

※(興味のある回だけの参加も可能です。)

*どなたでも参加無料。参加自由。事前申し込み等不要。

2月
2
ミュージアムバレンタイン @ 石橋文化センター
2月 2 – 2月 14 全日

石橋文化センター ミュージアムバレンタイン開催♪

★ミュージアムコンサート
【日時】2月14日(木) 13:00開場 14:00開演
【場所】石橋文化ホール
【演奏者】松本さくら(ヴァイオリン)、壇遼(ギター)
【入場料】一般(全席自由)500円、シニア(65歳以上)・大学生300円、高校生以下無料
※未就学児の入場はご遠慮ください

★恋木神社祈願絵馬所
【日時】2月2日(土)~2月14日(木)
【場所】石橋正二郎記念館 出入口横
※2月14日(木)のみ石橋文化ホールロビー
全国で唯一「恋愛の神様」を祀る神社「恋木神社」の祈願絵馬設置所を開設します。イベント終了後、恋木神社にて絵馬奉納祈願いたします。

★ミュージアムコンサートin石橋正二郎記念館
【日時】2月3日(日) 13:00~13:45
【場所】石橋正二郎記念館 2階ロビー
【演奏者】関原弘二(チェロ)、武冨祐(コントラバス)、広沢愛弓(ピアノ)
【入場方法】石橋正二郎記念館または久留米市美術館の当日入館券が必要。高校正以下無料。

★ワークショップ
・バレンタインケーキポップス作り
・ペーパークイリングメッセージカード作り
【日時】2月10日(日) 時間など詳細は石橋文化センターホームページをご覧ください。
【場所】石橋文化会館 1会議室
【申込方法】1月18日(金)10時から電話またはFAXにて受付

初午祭(粥占い) @ 大学稲荷神社
2月 2 全日

利用時間:11:00~13:00

2月の始めの午の日を「初午」と称し、各所の稲荷神社では、豊作祈願の祭礼が行われます。この日、高良山の大学稲荷神社では粥占いの祭事を行い、一年の作柄を粥に生じたカビによって占います。市内の農家の方や信者の方が、今年の粥占いの結果を求め、多くの方が参拝されます。

有馬記念館企画展「ミニチュアひな道具の世界」 @ 有馬記念館
2月 2 – 4月 1 全日

利用可能時間:

10:00~17:00
(入館は16:30まで)

料金:一般200円(150円)、高校生以下無料
※()内は団体料金(15名以上)
※身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳又は療育手帳の交付を受けている方とその介護者1名は無料(受付でご提示ください)

大名有馬家の姫様が愛用したひな道具は、久留米藩21万石の大名家にふさわしく、職人の卓越した技術で緻密に制作され、小さくも華やかな輝きをいまに伝えています。
本展は、銀や磁器、蒔絵や彫刻など、さまざまな素材や技法で作られた姫様の雛道具を、江戸時代の城下町の遊び道具や、昭和の郷土玩具などとともに、一挙公開します。
極小に美を結集した、ひな道具の世界をお楽しみください。

2月
3
チョークアート教室(全6回、要予約、先着7名) @ 大牟田市エコサンクセンター
2月 3 @ 10:00 AM – 12:00 PM

ブラックボードにオイルパステルで絵を描こう!

日 時 9月2日(日)※以降は10/28、12/2、1/6、2/3、3/3(全て日曜日)午前10時~正午

※全6回の連続講座です。

定 員  先着7名(小学4年生以上)

参加費 各月 2,700円(材料費込)

講 師 上村久美子

受付日 8月5日(日)~

2月
7
初心者の太極拳教室(要予約、抽選20名、10/30〆) @ 市総合福祉会館
2月 7 @ 10:00 AM – 12:00 PM

初心者の太極拳教室

【日時】11月15日から来年2月7日までの第1・3木曜10時から12時

【対象】市内に住んでいる60歳以上の人

【申込期間】10月23日から30日まで

2月
9
飛ぶ劇場vol.40『わたしの黒い電話』 @ 久留米シティプラザ Cボックス
2月 9 – 2月 10 全日

九州を代表する劇団、飛ぶ劇場の久留米公園再び!

彼女から掛かってくる電話は
リアルな 現実のものだと思っていた

彼に掛けている電話は
確かな手がかりを持って
掛けているつもりだった

【開催日時】

2019年2月9日(土) 〜 2019年2月10日(日)
2月9日(土)18:00開演(17:30開場)
※アフターイベント予定
2月10日(日)14:00開演(13:30開場)

【料金】

日時指定、全席自由、税込み、当日は200円増し
一般:2,800円
学生:1,800円
高校生以下:1,000円
※他日時へ変更・払い戻し不可 出演者変更の場合も同じ。
※学生、高校生以下は要当日身分証

【チケット情報】

チケットに関する詳細はこちら

一般発売
10月6日(土)10時〜

【概要】

スタッフ

作・演出:泊篤志

キャスト

内山ナオミ、木村健二、葉山太司、中川裕可里
脇内圭介、文目卓弥、角友里絵、佐藤恵美香、秋山実里
〈北九州公演のみ〉横佐古力彰
〈久留米公演のみ〉山口大器(劇団言魂)

料金 日時指定、全席自由、税込 当日は200円増し

一般:2,800円
学生:1,800円
高校生以下:1,000円
※未就学児童のご入場はお断りします。
※他日時へ変更・払い戻し不可 出演者変更の場合も同じ。
※営利目的の転売禁止

※学生・高校生以下は、要当日身分証

一般発売 2018年10月6日(土)10時〜
  • >久留米シティプラザ

窓口 2階総合受付(営業時間10:00~19:00※営業時間は変更になることがあります) / WEB

  • >ローソンチケット<Lコード 83458>

WEB / 電話 0570-084-008 / 店頭販売 ローソン、ミニストップ店内のLoppiにて ​

  • >チケットぴあ<Pコード489-555>

WEB / 電話 0570‐02‐9999 / 店頭販売 セブン・イレブン、サークルK・サンクス、チケットぴあ店舗にて​

  • >こりっちチケット<こりっち わたしの黒い電話>で検索
2月
14
こころほっと相談(要予約、第2木曜日) @ 保健センター
2月 14 @ 9:00 AM – 12:00 PM

子育てに関するさまざまな不安や悩みに、臨床心理士が個別に相談を受けています。お気軽にご相談ください。

2月
16
第25回城島酒蔵びらき @ 城島町民の
2月 16 – 2月 17 全日

毎年大好評の城島酒蔵びらき。
2月16日・17日の2日間開催します!!

「城島の酒」は、かつて「東の灘」に対し「西の城島」と称され、起源は江戸時代中期にさかのぼります。この「城島の酒」の8つの酒蔵が協賛し実施される九州最大の早春酒蔵びらきが「城島酒蔵びらき」です。

メイン会場は城島町の「町民の森」で、毎年行列のできる「城島の酒 飲みくらべ」や、「角打ち」など、城島・三潴・大善寺にある8蔵の日本酒を楽しむことができます。

地元の野菜と隠し味に城島のお酒をふんだんに使って作った「元気鍋」もオススメ。
また、ステージでは様々なイベントが行われます。
今年は豊前海で育った一粒牡蠣と城島の酒のコラボレーション!KAKI×SAKE BARが登場!

同時に、この2日間は7軒の酒蔵が開放されます。各蔵でもそれぞれ、蔵見学や、美味しいおつまみ、地域物産品などの販売などが行われます。
各酒蔵へはシャトルバスが運行しますので、その蔵に行かなければ飲めないお酒や独自の雰囲気など、酒蔵めぐりもご堪能ください。

自慢の酒とできたての新酒で、皆様のお越しをお待ちしています♪

●参加酒蔵:旭菊、池亀、筑紫の誉、花の露、比翼鶴(蔵開放なし)、萬年亀、瑞穂錦、杜の蔵

※飲み比べや元気鍋などは有料となります

2月
17
藤巻亮太(レミオロメン)コンサート2019 @ 八女市民会館おりなす八女 ハーモニーホール
2月 17 @ 4:00 PM

【開催日時・場所】

2019年2月17日(日)16時開演 15時15分開場

八女市民会館おりなす八女 ハーモニーホール

【料金】

全席指定 5,300円

【交通アクセス】

・JR羽犬塚駅  堀川バス25分/タクシー15分

・九州新幹線 筑後船小屋駅  タクシー20分

・九州自動車道八女IC      車・タクシー10分/堀川バス15分

・西鉄久留米バスセンター30・31番八女行き  西鉄バス45分

2月
20
おっぱい教室 @ 筑後市役所保健センター
2月 20 @ 10:00 AM – 12:00 PM

健康づくり課では、おっぱい教室を行っています。

妊娠中の母乳ケアと、授乳の仕方や乳房トラブルの対処法、卒乳などについて助産師がアドバイスします。

教室に参加して、母乳についての悩みなどを解決しませんか。

対象者:妊娠中の方、子育て中の方
                育児中の方

時 間:10:00~12:00
場 所:保健センター(9 月 26 日は中央公民館)

持ってくる物:母子健康手帳