イベント情報

4月
19
コーナー展示「あじび研究所」 @ 福岡アジア美術館
4月 19 2018 – 3月 26 2019 全日

福岡アジア美術館  コーナー展示
「あじび研究所」

美術館のコレクションは、1点1点が、国や地域、時代を語るうえでかかせない存在です。2018年4月から新たに、一つの作品に注目したコーナー展示を始めます。コレクションの多くは、特別展や国際展に出品する際に、詳しく調査や研究されてきましたが、継続する調査により新たな事実や分析が加わることもあります。本コーナーでは、普段のコレクション展の中では語りつくすことのできない、作者の意図や制作背景について、パネルや参考資料を交えながらより深く迫っていきたいと思います。
「観る」作品から「読み解く」作品へ、新たなコレクション体験をお楽しみください。

【②期 7/12~9/18】
山城知佳子(日本)
≪あなたの声は私の喉を通った≫2009年

【③期 9/20~12/25】
A.H.マハヴァル(パキスタン)
≪切望≫1966年

【④期 1/2~3/26】
グレゴリウス・シダルタ・スギジョ(インドネシア)
≪泣く女神≫1977年

===================

■日程
2018年04月19日(木) 〜 2019年03月26日(火)
■会場
福岡アジア美術館
アジアギャラリー

■料金
観覧料:一般200円、高校・大学生150円、中学生以下は無料

7月
28
女性のためのワークショップ「もしかして離婚?」(全6回)7/14〆 @ 北九州市立男女共同参画センター・ムーブ
7月 28 @ 1:30 PM – 12月 22 @ 3:30 PM
~自分なりの人生を描くために~
生き方の多様性を考えてみませんか?
自分なりの人生を思い描き、思いを言葉にしましょう!
言葉にすると自分の気持ちがわかる事があります。

H30ワークショップチラシ表 H30ワークショップチラシ裏

開催日時 7月~12月(全6回) 毎月第4土曜日(13:30~15:30)
7/28 ・ 8/25 ・ 9/22 ・ 10/27 ・ 11/24 ・ 12/22
開催場所 ムーブ3階 グループ相談室
講師 黒瀬まり子さん (臨床心理士・東亜大学大学院非常勤講師・ムーブ特別相談員)
参加費 無料
対象 女性
定員 10名程度(応募多数の場合は抽選)
申込方法 ハガキ・FAX・ホームページ
申込締切日 07/14
託児 あり (6ヶ月以上就学前まで)1人1回500円 ※要予約
お問い合わせ 相談室
TEL 093-583-5197
FAX 093-583-5197
8月
11
コレクション展II アメリカで活躍したアーティストたち1960’s-80’s @ 北九州市立美術館本館 コレクション展示室
8月 11 – 12月 16 全日

コレクション展II 特集 アメリカで活躍したアーティストたち 1960’s-80’s

2018年8月11日(土・祝)~12月16日(日)

【前期】2018年8月11日(土・祝)~10月14日(日) 【後期】2018年10月16日(火)~12月16日(日)
※前期・後期で作品の展示替えをします。  ※一部、展示作品の写真撮影が可能です。

第二次世界大戦後、美術の中心はヨーロッパからアメリカへと移り、それまでにない多種多様な表現や芸術運動が生まれました。「抽象表現主義」をはじめ、60年代に入ると、色彩や形態を極限にまでつきつめた「ミニマル・アート」、大量消費社会を主題とした「ポップ・アート」などが登場し、その後の作家たちに大きな影響を与え発展していきました。
本展では、ジャン=ミシェル・バスキア、ジュリアン・シュナーベル、フランク・ステラら、60年代から80年代にかけてアメリカを拠点に活躍した作家に焦点をあて、戦後アメリカ美術の動向を展望します。
特集のほか、エドガー・ドガ《マネとマネ夫人像》、ピエール=オーギュスト・ルノワール《麦わら帽子を被った女》、クロード・モネ《睡蓮、柳の反影》など当館の主要なコレクション作品も併せて展示します。

会場 北九州市立美術館本館 コレクション展示室
開館時間 9:30~17:30(入館は17:00まで)
休館日 毎週月曜日
※ただし月曜日が祝日・振替休日の場合は開館し、翌火曜日が休館
12月8日(土)は臨時休館
観覧料 一般  150(120)円
高大生 100(80)円
小中生  50(40)円
※( )内は20名以上の団体料金。なお障害者手帳、年長者施設利用証(北九州市交付のもの)を提示の方は無料。

イベント

学芸員によるギャラリートーク
日時 2018年8月18日(土)、10月21日(日)、12月9日(日)14:00より
場所 本館3階 コレクション展示室※申し込み不要、ただし本展観覧料が必要です。

8月
28
企画展示「古代のお金」 @ 福岡市博物館
8月 28 – 12月 16 全日

企画展示「古代のお金」

奈良・平安時代の日本は律令国家として銭をつくり、これを貨幣つまり「物を買える価値がある物」として発行をしました。「お金」をほとんど知らない社会に突如現れた銭はどのように広まっていったのでしょうか。記録に残る政府の動き、出土する銭より古代のお金を追ってみましょう。

================

■日程
平成30年8月28日(火)~10月28日(日)

■会場
福岡市博物館 企画展示室1

■料金
常設展示・企画展示共通
観覧料 : 一般 200円 高大生 150円
※中学生以下無料

企画展示「弔いのすがた」 @ 福岡市博物館
8月 28 – 12月 16 全日

 企画展示「弔いのすがた」

死者の弔い(とむらい)には、時代や地域ごとの死生観が反映されるとともに、死者と弔う人々や社会との関係も埋め込まれています。埋葬(まいそう)や葬送儀礼(そうそうぎれい)などにみられる弔いの方法は時代とともに変化しますが、その歴史は当時の社会を解明するための鍵になると考えられます。

葬式や埋葬の方法を伝える文書や絵図などの歴史的な記録のほか、墓の遺跡の発掘調査からも、埋葬に関わる儀礼などの実態が明らかになってきました。本展示では発掘調査で出土した「お供えもの」など、考古学的な資料から弔いのあり方と歴史的な変化について考えます。

================

■日程
平成30年8月28日(火)~12月16日(日)

■会場
福岡市博物館 企画展示室4

■料金
常設展示・企画展示共通
観覧料 : 一般 200円 高大生 150円
※中学生以下無料

9月
1
愛宕神社 七五三大祈願祭 @ 愛宕神社
9月 1 2018 @ 8:00 AM – 3月 31 2019 @ 5:30 PM

子供の守り神で有名な愛宕神社はお子様の健やかな成長を祝福し、御祈願のお子様に千歳飴などを無料授与します。

期間 2018年09月01日 ~ 2019年03月31日
所在地 福岡市西区愛宕2丁目7−1
お問い合わせ Tel:092-881-0103
愛宕神社
アクセス ■地下鉄
地下鉄「室見駅」番出口から、徒歩10分
■バス
西鉄バス「愛宕下」バス停を降りたら、参道のすぐ目の前です。
■車・タクシー
マリナ通り、「hitマリナ通り」横の細道を昇ります。
9月
12
太宰府史跡発掘50年記念 特集展示 太宰府研究の歩み @ 九州国立博物館 文化交流展示室 3テーマエリア及び関連第7室
9月 12 @ 9:30 AM – 12月 23 @ 5:00 PM

 会期:
平成30年9月12日(水)〜12月23日(日・祝)
 展示場所:
文化交流展示室 3テーマエリア及び関連第7室
 主催:
九州国立博物館
 概要:
昭和43年(1968)に開始された大宰府の発掘調査は、平成30年(2018)に50周年を迎えます。現在も続けられている大宰府の発掘調査は、国指定特別史跡大宰府跡の保全を目的としつつも、その調査成果は古代史の解明に直結するものとして、全国的に注目を集め続けています。また、大宰府に対する学問的関心はさらに古く、江戸時代には大宰府にまつわる遺物の収集や、遺跡の現況把握等が行われていました。
九州国立博物館では大宰府史跡発掘50年を記念して、江戸時代から今日まで続く、「大宰府研究の歩み」を紹介する特集展示を開催いたします。本展では、大宰府跡・水城跡・大野城跡・基肄城跡という四つの国指定特別史跡に関わる歴史的資料をご紹介いたします。

【章構成】
第一章 研究の萌芽‐江戸時代の大宰府研究‐
第二章 研究の進展‐考古学と大宰府研究‐
第三章 大宰府都城‐水城・大野城・基肄城の研究‐

リアル脱出ゲーム×ドラゴンボール超「地球人消滅からの超脱出 @ アジトオブスクラップ 福岡・天神
9月 12 @ 1:00 PM – 12月 30 @ 8:00 PM

ドラゴンボール超とコラボした謎解き街歩きゲーム

リアル脱出ゲームとドラゴンボール超がコラボしたイベントが開催。福岡・天神駅周辺が謎解きエリアで、ゲームキットと自身のスマートフォン(ドラゴンレーダー)を手に、街に散らばったドラゴンボールを探しだす。制限時間がないので自分のペースで楽しむことができる。

開催時間

受付・キット引渡し時間 平日13:00~20:00。土・日・祝10:30~20:00 ※購入チケットに記載された時間内に店舗受付でキット引渡し

料金 有料。前売券2400円。超サコッシュ付き前売り券3900円。当日券2900円。(完売の場合は当日券の販売はなし)
9月
15
介護業務の知識を身に付けよう 介護職員初任者研修 @ 大博多ビル
9月 15 2018 @ 10:00 AM – 3月 16 2019 @ 5:00 PM

介護業務の知識を身に付けよう 介護職員初任者研修(限定8名)

[対象]
介護業務に従事しようとする人、または従事している人

※ 春日市での受け付けは、春日市に居住し、住民票がある人に限ります。

[期間]
平成30年9月15日(土曜日)~平成31年3月16 日(土曜日)のうち、指定された土曜日(全25日)
[時間]
午前10時~午後5時(内容により若干の変更あり)
[場所]
大博多ビル(福岡市博多区博多駅前2-20-1)
[受講料]
2万円
[定員]
8人(申込多数の場合は抽選)
[申込方法]
平成30年8月22日(水曜日)までに、高齢課窓口に備え付けの申込書に必要事項(印鑑が必要)を記入し、提出する
[申込・問い合わせ先]
春日市役所 高齢課 指定指導担当

〒816-8501 福岡県春日市原町3-1-5 春日市役所1階

電話:092-584-1122

ファックス:092-584-3090

メールアドレス:kourei@city.kasuga.fukuoka.jp

9月
17
透明骨格標本のひみつを探ろう(要申込・先着10名) @ 福岡市科学館 4階実験室2
9月 17 2018 @ 10:30 AM – 1月 12 2019 @ 4:00 PM


特別展「スケスケ展」関連イベント
透明骨格標本のひみつを探ろう

透明骨格標本のお話と、標本を材料にして、まるで魚が泳いでいるような自分だけの標本瓶をつくります。
※透明骨格標本の作製ではありませんのでご注意ください。

内容
① 10:30~12:00
[標本:カワハギ]
難易度★★

② 14:30~16:00
[標本:シマアジ]
難易度★★★

====================

■日程
2018年 9月17日(月・祝)
① 10:30~12:00
② 14:30~16:00
※各回90分程度

■会場
福岡市科学館 4階実験室2

■料金
① 3,500円(税込)[標本:カワハギ]
難易度★★
② 3,000円(税込)[標本:シマアジ]
難易度★★★

■対象
小学4年生以上~大人まで
※小学生は保護者同伴
※イベントの特性上、未就学児はご入場いただけません。

※お申込についてはこちら

9月
20
横尾忠則とアジア’89 @ 福岡アジア美術館 アジアギャラリー
9月 20 @ 10:00 AM – 12月 25 @ 8:00 PM

開催日:

2018年9月20日(木)~12月25日(火)

休館日は水曜日(水曜日が休日の場合はその平翌日) ※入室は19時30分まで

横尾忠則とアジアの関係に迫る

1989年、横尾忠則は2つのアジア美術の展覧会「第3回アジア美術展」(福岡市美術館)と「第4回バングラデシュ・アジア美術ビエンナーレ」に参加した。今展では、「第3回アジア美術展」のポスター原画や当時の図録、映像記録などで、横尾忠則とアジアとのかかわりを紐解く。また、それに先立って、インド大衆芸術に影響を受けて制作された1970年代のポスターも合わせて紹介する。

9月
29
有馬記念館企画展「久留米藩の幕末維新」 @ 有馬記念館
9月 29 2018 @ 10:00 AM – 3月 7 2019 @ 5:00 PM

有馬記念館では、「久留米藩の幕末維新」と題して、めまぐるしく情勢が変化した激動の時代を、当時の人々が記した書状、実際に身につけた武器、絵画や写真などの展示品を通して紹介する企画展を開催します。

今年は明治維新から150年になります。節目のこの年に、久留米藩の幕末志士や、戊辰戦争に参加した藩兵にまつわる歴史資料を通して、激動の時代を見つめ直します。

*交通アクセス:●JR/西鉄「久留米駅」より西鉄バス(8)系統利用「大学病院」下車、徒歩約5分
●JR久留米駅より徒歩約15分
●九州自動車道「久留米IC」より車で約20分

*料金:一般200円、高校生以下無料
団体(15名以上)50円引き
※身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳又は療育手帳の交付を受けている方とその介護者1名は無料。受付にて手帳をご提示ください。

*定休日:毎週火曜日(祝祭日と重なる場合はその翌日)、年末年始(12月28日~1月1日)

10月
1
プラネタリウム「スキマスイッチ 宇宙の奏(かなで)」 @ 福岡市科学館 6階ドームシアター
10月 1 2018 – 1月 31 2019 全日

プラネタリウム
「スキマスイッチ 宇宙の奏(かなで)」

スキマスイッチの楽曲をたっぷりと
スキマスイッチの楽曲とプラネタリウムのコラボレーションを存分にお楽しみ下さい。
その温かく包み込むような歌声と、美しくもきらびやかな星空は、きっとあなたの心をふるわせることでしょう。
エンディングでは、スキマスイッチの代表曲のひとつである「 奏かなで 」 がドームいっぱいに流れます。

宇宙の歴史を1年にたとえると
地球に生まれ、今過ごす一瞬一瞬がいかに素晴らしく不思議かということを実感してもらえたら…。そんな想いを込めた作品です。
見どころは、138億年の宇宙の歴史を1年の暦にたとえた宇宙暦。ビッグバンから始まり、桜散る4月半ばに天の川銀河ができ、夏の暑さがまだ残る9月には太陽系ができました。そして人類が誕生したのは?
宇宙の時の流れを身近な時間に置きかえてみれば、人の一生はほんの一瞬です。宇宙の時空の大きさを感じた時、私たちは奇跡ともいえる出会いの、素晴らしさ、貴さを想わずにはいられません。
大切な人と、今、この星に生きている奇跡を感じて下さい。

投映時間 約45分間(生解説はございません)

====================

■日程
018年10月1日(月)〜2019年1月下旬
※投映時刻の詳細は投映スケジュールをご参照ください。

■会場
福岡市科学館  6階ドームシアター(プラネタリウム)

■料金
・個人
大人(高校生以上)1000円(税込)、小・中学生800円(税込)、未就学児(座席使用の場合)500円(税込)
・団体 (30名以上)
大人(高校生以上)900円(税込)、小・中学生720円(税込)、未就学児(座席使用の場合)450円(税込)

■定員
座席数 220席(自由席)

プラネタリウム「銀河鉄道の夜」 @ 福岡市科学館 6階ドームシアター
10月 1 2018 – 1月 31 2019 全日

プラネタリウム「銀河鉄道の夜」

デジタルファインアーティストKAGAYAがプラネタリウムドームをキャンバスにして描く壮大なデジタルアート作品!

国内をはじめ欧米・アジアといった累計100館を超えるプラネタリウムで上映され、観客動員数100万人突破という金字塔を打ち立て現在も動員記録を更新中。

ビジュアル化困難といわれた「銀河鉄道の夜」の幻想世界を徹底考察し鮮明に再現。
ドームいっぱい360°に広がる銀河のパノラマ風景。
それはまさに天空の汽車に乗車したかのような夢の体験となる。

さあ、ほしめぐりの旅にでかけよう。

投映時間
約45分間(約15分間の星座生解説の後、約30分間の番組投映がございます。)

==================

■日程
2018年10月1日(月) 〜 2019年1月下旬
※2018年10月10日(水)・11日(木)は番組準備のため、終日投映はございません。
※投映時刻の詳細は投映スケジュールをご参照ください。

■会場
福岡市科学館  6階ドームシアター(プラネタリウム)

■料金
一般番組観覧料
[個人]大人500円(税込)、高校生300円(税込)、小・中学生200円(税込)
[団体(30名以上)]大人450円(税込)、高校生270円(税込)、小・中学生180円(税込)
未就学児無料

■定員
座席数 220席(自由席)

みんなで春をつくろう! 春日市写真投稿キャンペーン @ 春日市役所
10月 1 2018 @ 9:12 AM – 1月 31 2019 @ 10:12 AM

みんなで春をつくろう! 春日市写真投稿キャンペーン

最終更新日 平成30年10月1日

市民の皆さんの思いをもとに生まれた、春日市のブランドイメージ「みんなで春をつくろう」。

2019年の「春」には、春日市に住む皆さんと行政が一つになって桜のモザイクアートを咲かせます。

「春日市内で撮影した笑顔の写真」を皆さんから募集します。

みんなで春をつくろう。皆さんの笑顔の写真で、一緒に春を迎えませんか?

キャンペーン告知動画(https://www.news-tv.jp/_ct/16958885)《外部サイト》新しいウインドウが開きます

ブランドイメージとは

平成29年に、春日市の魅力や将来像について語り合う市民ワークショップを開催し、300を超える意見をもとに、市民の皆さんとキャッチコピーを考えました。

平成30年には、決定したキャッチコピーにふさわしいロゴデザインを公募し、最終的に市民投票でグランプリとなったデザインをブランドイメージのロゴデザインとしました。

このような取り組みを通して、市民の皆さんが主役となって作り上げたブランドイメージが「みんなで春をつくろう」です。

春日市ブランドイメージ「みんなで春をつくろう」

春はスタートの季節です。

春は新しいことが始まる季節です。

その「春」の「日」のまちだから、期待でワクワクするようなまちになろう。

良いまちは、誰かがつくってくれるものではなく、市民がつくっていくものです。

市民と行政が一つのチームになって、みんなで新しい春をつくる。

「春」とは、みんなに新しいこと、みんなが助かること、みんなが喜ぶこと。

暮らしが笑顔になる春を、どんどんつくっていく。

みんなで春をつくるから、ずっと住みたいまちになる。

みんなで春をつくろう。

これからの春日市です。

募集概要

テーマ

「春日市内で撮影した笑顔の写真」

家族のみんなで撮った記念写真、友達と遊んだ日の写真、日常の写真。

「春日市」で撮影したたくさんの笑顔の風景を届けてください。

募集期間

平成30年10月1日(月曜日)~平成31年1月31日(木曜日)

応募方法

SNS(会員制交流サイト)で応募

TwitterかInstagramに、「#みんなで春をつくろう」と「#福岡県春日市」のハッシュタグをつけて写真を投稿してください。

プレゼントキャンペーンに応募する人は、次のキャンペーンアカウント(いずれか一つで可)のフォローをお願いします。

  • Twitter アカウント:@kasuga_PR
  • Instagram アカウント:@kasuga_koho
フォームから応募

本キャンペーン特設サイトに、専用応募フォームを設置します。

必要事項を記入し、写真を投稿してください。

公共施設の応募箱へ投稿

次の施設の総合案内横に専用応募箱を設置します。

写真の裏に、住所と氏名を書いて投稿してください。

  • 春日市役所1階
  • 春日市ふれあい文化センター 1階

プレゼントキャンペーン

応募者の中から、抽選で50人にプレゼントを贈呈します。

プレゼントは、全国から人気を博している春日市内のお店の品々から、厳選してお届けします。

注意事項

  • SNSや専用応募フォームで応募された画像は、本キャンペーン特設サイトに転載されます。
  • 投稿された写真は、「みんなで春をつくろう」モザイクアートとして加工した後、春日市の広報物などに利用・掲示する場合があります。
  • 応募に伴う個人情報は、プレゼントの発送など本キャンペーンに関する連絡に使用します。
  • プレゼントは、時期により内容が異なる場合があります。

※ その他、詳しくは特設サイトを確認してください。

問い合わせ先

  • キャンペーン事務局電話:03-5572-6068メールアドレス:Kasuga-photo@vectorinc.co.jp
  • 春日市役所 秘書広報課 広報広聴担当電話:092-584-1111(代表)ファックス:092-584-1145
10月
2
宗像ユリックスプラネタリウム おとな向け「星空の立体地図」 @ 宗像ユリックス
10月 2 @ 3:00 PM – 12月 27 @ 3:50 PM

内容

星座をかたちづくる恒星たちは、1つ1つ地球からの距離が違います。 人類は長い歴史の中で、恒星までの距離を調べようとしてきました。 現在、人工衛星を使って10億個以上の恒星の座標が詳細に調べられています。 今回はいつもと視点を変えて、星空の立体地図を眺めてみましょう。

開始時刻

火~金 15:00
土・日・祝 13:00 15:00

観覧料

おとな 370円
小中学生 150円
幼児 100円

小さなお子さんの入場はご遠慮いただいています。

期間

2018年10月2日(火)~9月30日(日)

休館日

【月曜日(祝日の場合は翌平日)】10月9日(火), 12月25日(火)
【臨時休館】プリンセス駅伝開催のため10月21日(日)は休館となります。

2018年度の「おとな向けプログラム」の予定

期間 タイトル
10~12月 星空の立体地図
2019年
1~3月
オリオン大星雲
10月
4
第35回伝統的工芸品月間国民会議全国大会 福岡大会関連企画 「手で考える」 @ 福岡アジア美術館
10月 4 2018 – 1月 15 2019 全日

第35回伝統的工芸品月間国民会議全国大会 福岡大会関連企画
「手で考える」

美術の制作方法といえば、まずは「描く」という行為が思い浮かぶかもしれません。しかし、人の手が担うべき役割や動きは、それだけではありません。縫う、染める、彫る、編み込む・・・。手はさまざまな素材と対話しながら、最良のかたちを直感的に探っているのです。ここでは、糸や布、木、土などを素材に、手で考え、社会までも編み込むような手工芸的アプローチをとる作品を紹介します。

===================

■日程
2018年10月04日(木) 〜 2019年01月15日(火)
午前10時開館 午後8時閉館
(入室は午後7時30分まで)
毎週水曜日(水曜が休日の場合はその翌平日)
年末・年始(12月26日~1月1日)

■会場
福岡アジア美術館  アジアギャラリー

■料金
観覧料
一般200円(150円) 高校・大学生150円(100円) 中学生以下無料

10月
5
秋の特別展「アニマルオールスターズ」 @ マリンワールド海の中道
10月 5 2018 – 1月 14 2019 全日

マリンワールド海の中道 秋の特別展
「アニマルオールスターズ」

今回のマリンワールド特別展示では、普段水族館では展示していないフクロウやワニなど陸上動物も合わせて展示し、動物たちが持つ「スゴイ能力」を分かり易く紹介しています。そんな「スゴイヤツら」をご覧いただき、自然の奥深さを感じていただければ幸いです。

●コーナー
毒・擬態・とにかくスゴイ・甲殻類ファイブ・マリンワールドのスゴいヤツら]

●展示構成
生物: 18種25点(ワニ、フクロウ、カメレオン など)
標本: 5種6点(4mワニ剥製、ヘビ全身骨格など)

===================

■日程
平成30年10月5日(金)~平成31年1月14日(月)

【営業時間】
3月~11月 9:30~17:30
12月~2月 10:00~17:00
クリスマス 10:00~21:00
(2018年12/22,23,24,25)

■会場
マリンワールド海の中道 2Fマリンホール

■料金
入園料:大人2,300円(シニア1,840円)/高校生 2,300円/中学生 1,200円/小学生 1,000円

10月
6
プラネタリウム「こぐま座のティオ 星空だいぼうけん」 @ 福岡市科学館 6階ドームシアター
10月 6 2018 – 1月 31 2019 全日

プラネタリウム
「こぐま座のティオ 星空だいぼうけん」

みんな、夜空にいっぱいのお星さま、見たことある?
こっちにキラキラ、あっちにもキラキラ、そして小さな光がいっぱい流れる天の川。
ぼくはこぐま座のティオ。
星座のお友だちと、せいざ村で仲良く暮らしているんだ。

ある日、天の川で遊んでいると、あれあれ?お水が少なくなってきたよ。
えーっ!?川のお水が出てくるポンプ座にUFOがつまっちゃったんだって!
天の川、大ピンチ!
天の川を元に戻すには、ポンプ座のところへいってUFOをぬくしかないんだ。
プラネタリウムに来てくれた君、ぼくと一緒に天の川のピンチを助けに行こう。

春夏秋冬の星座のお友だちと力を合わせて、さあ、ポンプ座まで星座だいぼうけんのはじまり!

投映時間 約45分間(すべて生解説)

対象 未就学児、小学校低学年(推奨)

====================

■日程
2018年10月6日(土) 〜  主に⼟⽇祝、冬休み等に限定投映。
※投映時刻の詳細は投映スケジュールをご覧ください。
※投映期間は変更する場合がございます。

■会場
福岡市科学館  6階ドームシアター(プラネタリウム)

■料金
一般番組観覧料
[個人]大人500円(税込)、高校生300円(税込)、小・中学生200円(税込)
[団体(30名以上)]大人450円(税込)、高校生270円(税込)、小・中学生180円(税込)
未就学児無料

■定員
座席数 220席(自由席)

10月
10
福家書店「2019年 カレンダーフェア」 @ 木の葉モール橋本
10月 10 2018 – 1月 20 2019 全日

福家書店「2019年 カレンダーフェア」

2019年版のカレンダー、趣味のものから実用的なものまで取り揃えました。

※商品が無くなり次第、開催期間に関わらず早期に終了する場合がございます。

=================

■日程
2018.10.10 (水) – 2019.01.20 (日)
10:00~21:00

■会場
木の葉モール橋本 館内2F