60’s〜70’s 日本の前衛映画特集「おおえまさのり作品集 」( 3/1.3/3 )

スポンサーサイト
いつ:
2019年3月1日 – 2019年3月3日 全日
2019-03-01T00:00:00+09:00
2019-03-04T00:00:00+09:00
どこで:
福岡市総合図書館映像ホール
日本、〒814-0001 福岡県福岡市早良区百道浜3丁目7−1
料金:
500円(大人) 400円(大学生・高校生) 300円(中学生・小学生)
連絡先:
福岡市総合図書館映像ホール
092-852-0608

60’s〜70’s 日本の前衛映画特集
「おおえまさのり作品集」

(作品はすべて監督・撮影:おおえまさのり)

3月1日(金)14:00  3月3日(日)14:00

Four
1966年/デジタル/モノクロ/4分

Creation
1966年/デジタル/カラー/5分

No Game
1967年/デジタル/モノクロ/17分

Great Society
1967年/デジタル/カラー/17分

Between the Frame
1967年/デジタル/カラー/10分

Salome’s Child
1968年/デジタル/カラー/6分

end
1968年/デジタル/カラー/16分

Head Games
1967年/デジタル/カラー/10分

Yip Out
1967年/デジタル/カラー/2分

S NO.1
1968年/デジタル/モノクロ/5分

『チベットの死者の書』(講談社・1974年)の翻訳者として知られるおおえまさのり氏は、1965年から1969年までニューヨークに滞在し、集中的に実験映画を製作していた。六面のマルチ映像が衝撃的な代表作『Great Society』を初め、当時のニューヨーカーたちの反戦運動やヒッピー文化を色濃く反映した作品が今も高く評価されている。短編全10作品を紹介。

=================

60’s〜70’s 日本の前衛映画特集

昨今、海外から再評価されている日本の前衛映画作品を、デジタル復元版で上映

会 期:2月27日(水)~3月3日(日)※休館日除く

観覧料:500円(大人) 400円(大学生・高校生) 300円(中学生・小学生)
※定員制。各回入替制。
※チケットはすべて当日券。前売り券はありません。(チケットの発券は上映の1時間前からです。)
※障がい者の方は無料。福岡市在住の65歳以上の方は250円。(手帳や保険証などの提示が必要です。)
※「わの会」会員の方は250円。(会員証の提示が必要です。)