60’s〜70’s 日本の前衛映画特集「略称 連続射殺魔」( 2/27 .3/2)

スポンサーサイト
いつ:
2019年2月27日 – 2019年3月2日 全日
2019-02-27T00:00:00+09:00
2019-03-03T00:00:00+09:00
どこで:
福岡市総合図書館映像ホール
日本、〒814-0001 福岡県福岡市早良区百道浜3丁目7−1
料金:
500円(大人) 400円(大学生・高校生) 300円(中学生・小学生)
連絡先:
福岡市総合図書館映像ホール
092-852-0608

60’s〜70’s 日本の前衛映画特集
「略称 連続射殺魔」

2月27日(水)14:00  3月2日(土)14:00

監督:足立正生
音楽:富樫雅彦 高木元輝

1969年/デジタル/カラー/86分/
アンダーグラウンド・センター

1968年に起きた19才の少年・永山則夫による連続射殺事件。それに衝撃を受けた監督が、松田政男、佐々木守らとともに事件の直後に製作したドキュメンタリー。しかし本作にはインタビューもなければ、永山本人の映像すらない。映画は犯人が見たであろう風景のみをひたすら映し出してゆく。そこに富樫雅彦と高木元輝によるフリー・ジャズが流れる。「風景映画」の傑作。

=================

60’s〜70’s 日本の前衛映画特集

昨今、海外から再評価されている日本の前衛映画作品を、デジタル復元版で上映

会 期:2月27日(水)~3月3日(日)※休館日除く

観覧料:500円(大人) 400円(大学生・高校生) 300円(中学生・小学生)
※定員制。各回入替制。
※チケットはすべて当日券。前売り券はありません。(チケットの発券は上映の1時間前からです。)
※障がい者の方は無料。福岡市在住の65歳以上の方は250円。(手帳や保険証などの提示が必要です。)
※「わの会」会員の方は250円。(会員証の提示が必要です。)