福岡藩士伝来・刀と槍の装具展

スポンサーサイト
いつ:
2018年12月26日 – 2019年2月24日 全日
2018-12-26T00:00:00+09:00
2019-02-25T00:00:00+09:00
どこで:
福岡市博物館
日本、〒814-0001 福岡県福岡市早良区 百道浜3丁目1−1
料金:
【一般】200円 【高・大学生】150円  ※中学生以下は無料
連絡先:
福岡市博物館
092-845-5011

福岡藩士伝来・刀と槍の装具展

この展示では、本館が収蔵する福岡藩の藩士の、刀や槍の装具を展示し、当時の武家のしきたりや伝統、ファッションなどを歴史と文化を紹介していきます。
現在の日本の刀の展示は、刀工が鍛えた刀身の、美術的、工芸的な鑑賞が中心です。しかし実用の具とするためには刀身に柄と鍔をつけて鞘に納める必要があります。江戸時代の武士は、両手で使う打刀の大、小を帯びることが公的な身分の証となりました。その後太平の世では、鞘や柄は漆工芸の粋をあつめ、付属する金具も金工師の芸術的な細工が施され、ファッション的な要素が強くなりました。
一方槍は、刀工が鍛えた穂先を木製の長柄に装着し、しかも鞘をかぶせて実用の武器「槍」になります。武器としての実用品の比重が、刀より高い槍には、工芸的に派手な装具はありません。それでも槍は、武士の家の武功や家柄を表すもので、高禄の武士は従者に槍を持たせて外出、鞘や柄は家の験でもありました。
なお黒田長政の筑前入国時から、優れた刀や鑓を藩士に供給してきた、信国派、石堂派の作品も合わせて展示します。

=================

■日程
2018年12月26日(水)~2019年2月24日(日)
月曜休館(月曜日が祝日の場合は開館し、翌平日休館)
午前9時30分~午後5時30分
(入館は午後5時まで)

■会場
福岡市博物館

■料金
【一般】200円 【高・大学生】150円
※中学生以下は無料