秋の特別展「食のたび―箸と和食の文化史―」

スポンサーサイト
いつ:
2018年10月20日 – 2018年12月9日 全日
2018-10-20T00:00:00+09:00
2018-12-10T00:00:00+09:00
どこで:
北九州市立いのちのたび博物館
日本、〒805-0071 福岡県北九州市八幡東区東田2丁目4−1
料金:
大人500円、高大生300円、小中生200円 
連絡先:
北九州市立いのちのたび博物館
093-681-1011

開催日 平成30年10月20日(土)~平成30年12月9日(日)
時間 9:00~17:00(最終入館16:30)
場所 いのちのたび博物館
料金等 大人 500円、高大生 300円、小中生 200円                         ※常設展とのセット券あり
内容 私たちにとって身近な「食」は、季節や風土によって様々な彩りをみせています。日本の食文化は、朝鮮半島や中国からの影響を大きく受けながらも独自に発展し、2013年には「和食」がユネスコ無形文化遺産に登録されました。本展覧会では、これら東アジアからの影響によって形成された日本の食文化とその特質について、中国旅順博物館所蔵の箸コレクションを出発点に、古代、中世、江戸時代から明治までの食を中心に辿ります。
スポンサーリンク
スポンサーリンクああ
スポンサーリンクああ
関連記事コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサーリンクああ