平戸松浦家伝来の伊能図

スポンサーサイト
いつ:
2018年10月30日 – 2018年12月23日 全日
2018-10-30T00:00:00+09:00
2018-12-24T00:00:00+09:00
どこで:
九州国立博物館 文化交流展示室 関連第11室
日本、〒818-0118 福岡県太宰府市石坂4丁目7−2
料金:
430
連絡先:
九州国立博物館
050-5542-8600

 会期:
平成30年10月30日(火)〜12月23日(日・祝)
 展示場所:
文化交流展示室 関連第11室
 主催:
九州国立博物館・福岡県
 特別協力:
公益財団法人 松浦史料博物館、公益財団法人 九州国立博物館振興財団
 概要:
今年は、日本全国を初めて測量し、極めて精度の高い全国地図、いわゆる「伊能図」を製作した伊能忠敬いのうただたか(1745〜1818)没後200年にあたります。このたび、忠敬の功績を記念して九州ゆかりの「伊能図」をご紹介致します。 第9代平戸藩主の松浦清きよし(静山せいざん)と忠敬、清の子の熈ひろむ、忠敬の弟子たちとの交流があった松浦家には、長崎や平戸周辺を描いた「大図だいず」5点、瀬戸内海沿岸部から長崎、対馬、朝鮮を描いた「中図ちゅうず」3点、九州全体を描いた「小図しょうず」1点、計9点の「伊能図」が伝わっています。いずれも描画が丁寧で完成度が高く、明治時代に焼失した「伊能図」の正本しょうほん(「大日本沿海輿地全図だいにほんえんかいよちぜんず」)の面影を伝える貴重なものです。 本展を通じて、松浦家に伝来した正確で美しくもある「伊能図」をご覧いただくとともに、平戸藩主と忠敬たちとの交流の様相を感じ取っていただけましたら幸いに存じます。
スポンサーリンク
スポンサーリンクああ
スポンサーリンクああ
関連記事コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサーリンクああ