4/16(月)大幅リニューアルを行いました。

『ARUHI presents 本当に住みやすい街大賞 2019 in 福岡』“本当に住みやすい街”TOP10を発表

 

広告

1位「藤崎」、2位「大橋」、3位「博多南」に決定

アルヒ株式会社(以下 ARUHI)は、 2019年4月9日(火)に国内最大手の住宅ローン専門金融機関である当社のデータを基に住宅専門家が厳選した福岡県の“本当に住みやすい街”TOP10を発表する、『ARUHI presents 本当に住みやすい街大賞 2019 in 福岡』を開催いたしました。

 

ランキングでは、早良区の「藤崎」が1位を獲得。生活利便性が高く子育て環境が充実、生活する家族全員に魅力が満載の街であることからトップに選ばれました。また、2位には駅ビルのリニューアルで更なる躍進が期待できる南区の「大橋」、3位には「博多南」がそれぞれランクインをしました。

 

■“本当に住みやすい街”の5つの選定基準
①住環境

インフラ整備や、衣食環境などを中心に、「住むことの快適さ」などに影響を及ぼす周囲の状況の良さを総合的に審査しました。

②交通利便
「働く」という視点において、市街地の主要駅へのアクセス面や、交通機関の利用面における「快適さ」などから審査しました。

③教育環境
子供たちが安全・安心に暮らしていける環境が、学校・家庭・地域の連携により構築されているかなどを判断基準に審査しました。

④コストパフォーマンス
その他の審査基準と連動する形で、「住まい環境」の充実度に対する、家賃相場や分譲価格相場、物価の相場などから審査しました。

⑤発展性
商業・工業・その他インフラ整備や交通面など総合的な視点から、街全体としての利便性において、将来的な「街としての価値の向上」が見込める点を中心に審査しました。

 

詳細はこちらから

 

プレスリリース元:PR TIMES

 

最新情報をチェックしよう!
広告

福岡エリアの最新記事8件