帰らぬ飼い主を慕い続け…愛犬「こゆき」がスタンプに 「飲酒運転ゼロ」へ

2011年に福岡県粕屋町で起きた飲酒運転事故で犠牲になった山本寛大(かんた)さん=当時(16)=の愛犬で、4月に死んだ柴犬「こゆき」が無料通信アプリLINE(ライン)のスタンプになった。15日から有料配信している。

映像作家を目指す九州大1年、川波花音(かのん)さん(18)=福岡市中央区=が描いた40種類のスタンプは、「飲んだら歩こう」「飲みすぎ」とこゆきが注意したり、「お疲れさま」「ありがとう」などとあいさつしたりする姿。飲みに出かける家族や友人などに「飲酒運転ゼロ」を気軽に呼び掛ける際に使える。

川波さんがインターンシップで今夏働いたNPO法人はぁとスペース(福岡市東区)の名義で配信。収益は同法人が飲酒運転撲滅の啓発活動に充てる。

こゆきは生前、帰らぬ飼い主を慕い続けた。山本さんの遺影の前で眠る姿が多くの人の心を打ち、飲酒運転撲滅の啓発CMにも出た。4月4日、病気で13年の生涯を終え、山本さんの元へ。山本さんの母で、はぁとスペース代表の美也子さん(50)は「また皆さんに、こゆきをかわいがってもらえるとうれしい」と話している。

スポンサーリンク
スポンサーリンクああ
スポンサーリンクああ
関連記事コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサーリンクああ