10/26(金)イオンモール福岡が大規模リニューアル

イオンモール福岡(福岡県糟屋郡粕屋町)は、今秋から2期にわたって専門店約140店舗を刷新。約220店舗のうち3分の2に当たる大規模リニューアルを実施する。第1期として10月26日(金)に、ウエストモール2Fに家電やインテリア雑貨などライフスタイル型専門店を7店舗新規オープン。第2期となる19年秋には、新規オープン16店舗、移転6店舗、改装108店舗を予定している。

同モールは2004年6月にオープンし、今年で14年目を迎えた。08年には「ノースモール」新設や14年の100店舗リニューアルなどを実施してきた。今回のリニューアルでは、外装を福岡県の伝統工芸品である博多織をモチーフにしたデザインに刷新。またオペラや落語などが楽しめるイベントホールの新設も予定されている。
リニューアルコンセプトは「ヨカトコ」で、「地域の皆さまに、余暇を楽しめる新しい価値(良か趣味・体験・場所)をご提案し続けるショッピングモールへ進化します」と宣言。時流に合わせて「コト消費」と「地域密着」を意識したものとなっている。

第1期の新設7店舗は、インテリア雑貨専門店「ニトリ デコホーム」、原宿で人気の低価格雑貨店「オーサムストア」、手芸用品などの「ユザワヤ」、ドラッグストア「ココカラファイン」、家電の「エディオン」、ファッションブランド「Field Dream」「P.S. FA」。

スポンサーリンク
スポンサーリンクああ
スポンサーリンクああ
関連記事コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサーリンクああ