荘厳でロマンティックな舞台を博多座で!ミュージカル『マリー・アントワネット』

スポンサーサイト

日本で生み出されたミュージカル『マリー・アントワネット』が、世界各地での公演を経て、新演出版となって日本に帰ってきます。幕開けは9月14日より、福岡の博多座から。その後、東京の帝国劇場、名古屋の御園座、大阪の梅田芸術劇場メインホールで順次公演予定となっています。

福岡入りされた俳優さんや、ミュージカルファンの期待の声を集めました。

View this post on Instagram

博多座(^^) 久しぶりだな。

A post shared by 花總まりmarihanafusa (@hanafusamari_official) on

スポンサーリンク
スポンサーリンクああ

ミュージカル『マリー・アントワネット』とは

ミュージカル『マリー・アントワネット』は、日本の小説家・遠藤周作氏の小説『王妃マリー・アントワネット』を原作とする、ミュージカル作品です。東宝によって制作されました。脚本は、ドイツの作詞家・作家・脚本家であるミヒャエル・クンツェ。作曲は、映画音楽を数多く手がけハリウッドスターと仕事をしてきた作曲家、シルヴェスター・リーヴァイです。ふたりは長年仕事上のパートナーであり、『エリザベート』や『モーツァルト!』など、素晴らしい作品を世に送り出してきました。ミュージカル『マリー・アントワネット』は、このふたりの最高傑作と名高い作品です。

あらすじ

舞台は18世紀、国王ルイ16世が治めるフランスです。貧しい生活に苦しむ民衆を尻目に、王妃マリー・アントワネットを筆頭とする上流階級の貴族たちは、贅沢な暮らしを満喫していました。

ある舞踏会で、マリー・アントワネットは愛人であるスウェーデン貴族のフェルセン伯爵と束の間の逢瀬を楽しみます。そこに突如飛び出した、貧しい娘のマルグリット・アルノー。彼女は民衆の苦しい生活を訴えかけますが、帰ってくるのは嘲笑ばかり。マルグリット・アルノーは民衆を顧みない上流階級に激しい憤りを抱き、貧困と恐怖のない世界を求め、フランス革命への道を歩み始めることになります。

マルグリット・アルノーら上流階級に不満を持つ者たちの策略により、王族に対する民衆の不満は煽られて限界を超え、マリー・アントワネットら国王一家は囚われの身となります。ルイ16世は処刑され、マリー・アントワネットも公開裁判にかけられ、断頭台の露と消えることに。これまでマリー・アントワネットら王族に対し激しい憎しみを抱いてきたマルグリット・アルノーでしたが、全てを奪われたマリー・アントワネットの姿を目にし、世界を変えるために本当に必要なことは何なのか、自身に問いかけるのでした。

注目主要キャスト

注目の主要キャストを一部ご紹介します。

マリー・アントワネット

花總まり

元宝塚歌劇団雪組・宙組トップ娘役の女優です。

2006年、ミュージカル『マリー・アントワネット』が日本で世界初初演を迎える際、花總まりさんはキャストの候補として名前が挙がっていましたが、当時はまだ宝塚歌劇団に在籍していたため、出演が叶いませんでした。2018年の新演出版で、満を持して登場します。

笹本玲奈

花總まりさんとWキャストでマリー・アントワネットを演じる笹本玲奈さんは、ミュージカルで活躍されている女優です。2006年の初演版では、貧しい娘のマルグリット・アルノーを演じていました。今回は、マルグリット・アルノーと対極的な立場にあるマリー・アントワネットを演じます。

マルグリット・アルノー

ソニン

ダンスボーカルユニット「EE JUMP」の元メンバーであるソニンさん。女優業を本格化してからは、舞台を中心に活動しています。彼女は直近で公演されたミュージカル『1789-バスティーユの恋人たち-』でも、フランス革命に身を投じる女性の役を演じていました。彼女のエネルギッシュな演技に注目です。

昆夏美

同じくマルグリット・アルノー役を務める昆夏美さんは、圧倒的な歌唱力でミュージカル界を牽引する女優です。『ハムレット』のオフィーリア、『レ・ミゼラブル』のエポニーヌ、『ミス・サイゴン』のキムなど、多くの話題作で重要な役を演じてきました。信念を持って動く女性マルグリット・アルノーを彼女がどう演じるのか、楽しみですね。

フェルセン伯爵

田代万里生

歌手・声楽家・俳優である田代万里生さん。彼は『マリー・アントワネット』初演の際はまだ芸能界入りしていなかったので、ゼロから役に向き合うことになりました。多数のオペラやミュージカルに出演してきた彼が、どのようにフェルセン伯爵を演じるのか、注目が集まっています。

古川雄大

多くの舞台、ミュージカルに出演してきた俳優の古川雄大さん。彼もソニンさん同様、フランス革命を描いた舞台『1789-バスティーユの恋人たち-』に、ロベスピエール役で出演していました。『1789-バスティーユの恋人たち-』では革命を目指す側を演じた彼が、今度は革命によって命を落とすマリー・アントワネットの愛人・フェルセン伯爵となります。

まとめ

『エリザベート』『モーツァルト!』など、様々な傑作ミュージカルを生み出したミヒャエル・クンツェ&シルヴェスター・リーヴァイの最高傑作が、装いも新たに日本に再上陸!豪華な衣装、新たに加えられた楽曲、実力派揃いのキャスト陣から成る最高の舞台を、ぜひ博多座でいち早くお楽しみください。

【イベント概要】
特別協賛:久光製薬
ウィッグ製作技術協力:アデランス
製作:東宝
主催:博多座 RKB毎日放送

イベント詳細はこちら

ミュージカル『マリー・アントワネット』
終了イベント,観劇,福岡
エリア:<福岡市>
開催日:2018年9月14日 17:00 〜 9月30日 20:45
場 所:博多座

※情報は2018.9.12時点のものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンクああ
スポンサーリンクああ
関連記事コンテンツ